英語を話せるようになるには、話せる人と話す

英語を話すようになるには、英語が話せる人とコミュニケーションすることが条件になりうるし、ただ英語のCDを聞いているだけではなかなか上達しないし、答えがわからないといったことになります。

英語が話せる人というのは、日本人であっても別にかまわないわけですが、できれば英語を話す外国人であるほうが発音はそのままネイティブの発音になっているから、もっとも英語らしい英語になると思います。日本人が話す英語はどうしても日本語っぽい英語になっていることが多いです。

いずれにしろ、英語だけ話せるということではなく、英語も日本語も両方とも話すことは、どういう意味かについて説明する能力にかかわってきます。英語ではわかるけれど、日本語にすると、どうなるかというときには、そのつど辞書か何かで調べることになります。

辞書で調べる回数が少しなら問題ないですが、何度も調べることになればコミュニケーションをしていくうえで、少々とまどうかもしれません。だから、英語を話せる人は日本語もほとんどできるほうが望ましいです。これから学んでいく人はコミュニケーションをしているうちに徐々に英語がわかってくることがあると思います。英語を文章としてそのまま理解できるようになった、などは成長のあかしといえそうです。

たとえ話せるようにならなくても、頭の体操になれば、英語を学ぶことが趣味みたいになることもあります。少しずつ英語を学んでいけば、そのうちわかるようになるでしょう。