英語の成功者の本をつい買ってしまう

これは英語に限らず、外国語を勉強したいとかしゃべれるようになりたいと思っている人にありがちな行動だと思うのですが、それは外国語を身につけた人が書いた本を買って読む、ということです。

英語を勉強している者としては、こういう人達は“成功者”です。ただ身につけただけでなく、こういう本を出す人達はたいてい語学で仕事をしているので、私から見たらエリートなのです。そのエリートな人達自身がどういう勉強をしたかなどが書かれた本は、私にとってもためになる情報がたくさんある、と思って買うわけです。

とはいえもちろん、それらの本に書かれている勉強法は簡単ではありません。本を書いた著者が頭がいい人だからできることで私には無理、という方法もたくさんあります。特別な機材が必要だったりとか(今ならスマホで間に合いそうですが)、とにかく私には無理なことをしないと英語は身につかないのかもと諦めかけたこともありました。

人のまねしてもしょうがない、自分ができる方法を見つけようと思いつつ、今でもこういう本が出るとついチェックしてしまいます。そんなことよりひとつでも単語を覚えたほうがいいのにと思いますけど・・。

先日もまた英語で仕事をしている人の英語学習法の本を買ってしまいました。どの本にも言えることですが、著者がやっている方法をすべてマスターしようとしないほうがいいです。人は人、自分は自分、自分でできることを取り入れながら自分なりの方法を探したいです。