問題内容に大きな変化がみられる

つい先日、大学のセンター試験の問題や、高校の受験問題(いずれも試験対策問題集より)を拝見しましたが、英語の問題内容に大きな変化が見られました。

というのも、私が学生の頃の英語の授業というのは、どちらかというと文法や単語力に重きを置いた問題ないようだったのですが、最近のものはそうでは無かったのです。具体的に言うと、自分の考えを英文で表現するタイプの問題が多くみられるのです。

これは、個人的には非常に歓迎すべきことであり、やっとこさ政府が本気で英語教育に力を入れてくてたと、ホッと胸をなで下ろしているところであります。そもそも、言語学習で一番大切なポイントは自ら発言することにあると思っています。

もちろん、文法や単語力も必要にはなってきますが、人とコミュニケーションを図るという点においては、それほど重要なことではありません。

とりわけ、日本人が学校現場で習うような難解な文法や単語というのは日常ではほとんど使われないように見受けられます。もっと簡単な表現で十分に意思疎通可能なのであり、それを養うためには、自ら考えて発言するという能力こそが求められてしかるべきなのです。

とまあ、英語教育に大きな変化が現れたことによって、今後日本の英語能力は驚くほど進化していくような気がします。それは言い換えれば日本の国際的な場での競争力が一層加速するに他ならず、日本の立ち位置は随分と向上するのではないかと予測しています。