今後の日本の国際化に英語は必要

国際化が叫ばれている中で、日本の英語教育はまだまだ発展途上の状態が続いています。文科省も英語必修を小学校の低学年まで早めてもその成果はほとんど現れていないのが現状なのです。

確かに小さい時から外国人に慣れる、英語に親しむという目標には到達できたかもしれませんが、重要なのは日常英会話力ではなく、それ以上の議論できるレベルの英語力をつけることなのです。例えば中国や韓国などの他のアジア諸国では、もっと以前から英語教育に力を入れていたのでその成果が近年はっきりと現われ始めたと言われています。その証拠に両国とも非常にたくさんのアメリカ一流大学への留学生を送り込むことに成功しています。

このようにアジア諸国の中でも一歩も二歩も遅れを取ってしまった形の日本ですが今後はその英語力の差はますます開いてしまうのではないかという懸念もあるわけです。日本は今こそ本気をだして英語教育法を抜本から見直して今後の国際化に対応できる人材をしっかりと育成していかなければなりません。

現在のような不景気が続く今日の厳しい情勢の中で、世界の国々において一先進国として競争力を身につけなければ今後の生き残りは難しいものになってしまい日本の将来さえ危ぶまれることになりかねません。

英語と一言で言っても、公用語である英語を身につけるのは単純なことではありませんから、しっかりとしたビジョンを持った英語指導者の育成も必要になってくるでしょう。今からこういった人材の育成を始め、実務的な英会話力を身につけさせることができるのはまだまだ先のことになりそうです。しかし今こういった基礎固めを進めていかないといつまでたっても日本は英語力のある優秀な人材が育たないことを政府もしっかりと認識すべき時がきたのだと強く思います。