TOEICは自分の英語能力を測るのに便利な資格

TOEICで900点以上を取得したくて勉強しています。現在はまだまだの数字ではあるのですが、受験するたびに点数が近づいてきています。

それがまたモチベーションになってくれて勉強する意欲がわいてくるんです。独学でやっていますのである程度の指標のようなものがほしいんですよね。ここまでわかるようになったと感じられるとモチベーションがあがりますからね。

そういうのにTOEICというのは便利な資格だなと感じています。いまはリーディングとライティングに特化しているTOEICテストの方を受けていますが、もう少ししたらスピーキングとライティングのテストの方も受けてみようと考えています。

英語圏の方たちとコミュニケーションがとれるようになるのが目標ですのでスピーキングができないと意味がないんですよね。確かにTOEIC対策の勉強をしていてリーディング力が鍛えあげられ、前に比べて海外の情報などにも目を通すことができるようにはなりましたけれども、それでは受動的に情報を取得するだけですからね。自分から第三者に向かってコミュニケーションを取るためにはやはりスピーキング力が必要なんです。

そうなってくるとやはり英会話のレッスンなどに通う必要があるかなと感じています。最近ですと格安でスカイプ英会話レッスンが受けられるようですので、それが自分にはあってるかもしれません。自分の好きな時間に予約してというスタイルも楽ですね。本当にインターネットのおかげでありがたい時代になったと思いますね。