英語は早くからやっていると有利なのだろうか

私が個人的に英語についてよく聞くフレーズだなぁと思うのが、「もっと小さい時からやっときゃ・・・」というものです。私も確かにそれは中学生の時限定で思っていました。でも、その思いは中学生の間に払しょくされてしまいました。何故なら、周りの英会話をやっている子たちを1学期でおいぬけたからです。最初はコンプレックスのある教科でしたが、早くからやっているからといって図抜けて差があるわけではないんだ、むしろ今までどんな勉強をやってきたの?と上から目線になったものです。そして今は英語を子どもに教える機会がわるわけですが、今でも小さい時からやっておくことと、そうでない子の違いを見るとさほど急がなくてもいいかなという感想を持ちます。小学校6年生から英語を始めている子は、中学から習い始めた子に比べると文を書く時のルールがしっかりしています。ピリオドを忘れない、文頭は大文字で書き始めるなど。中学デビューの子はそれが定着するまでに時間を取りますが、学校ではそんなに急いで英語の授業は進みません。皆が慣れるまで時間を十分にとってくれるので、初めてでも苦労はしないのです。

一方、小学校デビューの子たちはこんなの簡単じゃないかととても退屈な授業になっていると思います。ともかく、「もっと早くからやっておけば」という言い訳はもう通用しないんだと、私は多くの人に言いたいのです。それによって英語ができるようになったとはとても思えないからです。